暮らしの役立つ知識

プレサンスロジェ葵」は市営地下鉄東山千の千種駅まで徒歩5分、大阪の主要エリアであるなんば駅までは20分で到着するようです。

 

今回「プレサンスロジェ葵」を検討している理由ですが、投資目的の物件だからです。私は関東地方に住んでいますが、投資用のマンションは自分が住んでいる地域から離れていても問題ないのではないかと考えています。

 

というのも、管理委託によるマンション管理の方法さえしっかりしていれば、わざわざ自分がそこに出向く必要がないからです。何故このように考えたかというと、プレサンスのマンションが全国にあるからです。

 

元々、私が考えていたのは東京都内のマンションを購入して賃貸用に提供していくということだったのですが、価格も高くなることが多いですし、都心部から離れると入居者の状況はケースバイケースで異なってしまいます。

 

たとえば、東京都内の都心部よりも大阪府内の都心部で物件を購入した方が、チャンスも広がるのではないかと思いました。もちろん、大阪は日本で二番目の大都市ですから、こちらも競争率が激しいことかと思います。

 

しかし、早めに抑えておくように準備を進めようとしている最中です。なんば周辺に対して、私自身があまり詳しいわけではないのがウィークポイントですが、インターネットで調べる限りは十分な都心であることが分かります。間取りは2LDKが中心になっているので、リッチな生活をしている独身者や子どもが居ない夫婦で暮らすには最適ではないかと思います。

もしも浮気の疑念を感じている場合は浮気調査を依頼するようにしていくのが良いです。

 

浮気調査では対象となる相手を常に素行調査で確認していくようになっていますので相手がどのような行動を取っているのかを調べていくことが出来るようになっていますし、慰謝料を請求していく為に必要となる決定的な証拠も入手してくれますから安心して依頼を出していくことが出来るようになっているのです。さらに良く調べてみたい方は、失敗しない素行調査選び|調査方法から料金・費用までが参考になるかもしれません。

 

普段から隠れて何かを行っている或いは携帯電話を利用していくことが多くなった場合は浮気を行っている可能性が非常に高いですので、早めに浮気調査の依頼を出すようにしていき出来るだけ早めに問題を解決するようにしていくのが良いです。

 

浮気調査ではそうした問題を解決していくことも可能となっていますから、現在でも多くの方々がこうした依頼を出しています。

 

勿論しっかりと写真に撮影していき証拠となる物を入手してくれるようになっていますし、ビデオを利用していき撮影を行っていく場合もありますので安心して依頼を出していくことが可能となっています。

 

毎日生活を送る中でパートナーの行動にどこか疑念を感じている場合はまず浮気調査の依頼を出すようにしていき、問題が無いのかどうかを調べてもらうようにしていくのが最も良いです。

 

現在でも浮気調査の依頼料金は非常に安くなっている傾向にありますので、どのような方でも気軽に依頼を出していき問題を解決していくことが出来るようになっています。

先日、お友達が見かけないブレスレットをしていたので聞いてみたのですが、これはいわゆる健康器具のゲルマニウムブレスレットなのだとか。ちなみに、ゲルマニウムにも2種類あて、無機性のものは、実は毒性があります。

 

しかし、血行を促進したりする効果がありますので、ブレスレットのような肌に身につける物に使用されています。逆に、有機性の物は入浴剤やゲルマニウム温浴に使われていますね。ちなみに、以前主人とフランスに旅行に行った際にルルドの泉に行った事があります。

 

ここは、奇跡の泉と呼ばれていて、古くから病気が治るという言い伝えがあるのですが、高濃度のゲルマニウムを含んでいますので、その効果なのだそうです。では、エステサロンで行うゲルマニウム温浴についてご説明させていただきます。

 

まず、ここで使用するのは勿論口に入れても毒性の無い有機性の方です、これをお湯に溶かして、この中に手と足を入れて、20分ほど浸しておく事で大量の汗が出るというものです。末梢神経は手や足にその多くが集中していますので、ここを温める事によってリンパの流れを良くする効果があります。早ければすぐに発汗しているのを実感出来る程即効性があるのが魅力ですね。

 

例えば、有酸素運動が効果があるのはわかりますが、それを2時間続けるのは非常に苦しいです。しかし、この方法ならわずか20分で有酸素運動2時間分と同等の発汗が期待出来ると言われています。汗をかくとスッキリするのも嬉しいですね。また、冷え性に効果があるだけではなくて、細胞の錆びの原因になっている活性酵素の除去もスムーズに行われるようになりますので、アンチエイジングの効果もあります。ちなみに、血行が悪い方ですと好転反応が出てしまう可能性がありますので、少しずつ慣らしていきましょう。

 

ハートアンドビューティにもこのウォーミングメニューが一部店舗で導入されています。ちなみに、ハートアンドビューティの場合は1回で3,000円と格安ですので、是非一度試して頂きたいですね。→ハートアンドビューティの体験記事

家を購入する場合、新築か中古かの選択肢に迫られます。価格の安い中古には惹かれますが、やはり住まいは新築で、という人も多いはず。では新築にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

最大のメリットは満足感ではないでしょうか。どうせマイホームを購入するなら少しくらい高くても新築の方が満足感も大きいですし、誰も住んだことがない自分たちだけの住まいを手に入れた喜びも大きいのではないでしょうか。

 

最新の工法や設備もメリットとして重要なポイントでしょう。とくに防災への意識が高まっている現在、耐震性や耐火性に優れた住宅が注目されています。安心して日常生活を送れる環境として中古物件に比べて大きなアドバンテージを持っています。
設備に関しても省エネやバリアフリーなど時代のニーズに合わせた物件を選びやすくなります。

 

それから当然新築ですから、長く住める点も忘れてはならないでしょう。中古物件の場合、時間が経っていればいるほど価格が安くなるわけですから、老朽化の問題も念頭に入れなければならず、場合によってはリフォームなどに費用がかかる場合もあります。そういった心配がないのは新築のよいところです。

 

一方デメリットではやはり価格が高いこと、それから経年によって価格の値下がり幅が中古に比べて大きいことなどが挙げられるでしょう。予算の都合で新築をあきらめなければならないと思っている人も改めて新築のメリット、デメリットを見直してみてはいかがでしょうか。

収益物件を購入するときにはローンを利用することも多いと思いますが、ローンを利用するとは言っても一定の金額の自己資金は必要となってくるでしょう。不動産のことなら白倉敬之氏に聞くのが一番なので今回はそこをテーマに聞いてみました。

 

自己資金がどれくらい必要なのかというと、それはローンの金額によって異なってきます。理想的なことを考えれば、収益物件を購入する代金と同じだけの金額をローンで貸してくれればよいのですが、どこまで貸してくれるのかは物件によっても異なってきますし、また金融機関によっても異なってくるのです。

 

一般的には、収益物件の価格の7割くらいまでが相場でしょう。ですから、自己資金としては3割くらいは必要となると考えておくべきでしょう。また、色々な費用がかかりますから、実際には4割くらいは準備しておいたほうが良いと思います。例えば、5000万円の収益物件を購入しようと思った場合には、まずは2000万円の自己資金が必要だと考えておくのが良いでしょう。

 

ただし、金融機関によっては積極的に融資をしてくれることもあります。収益性の高い物件なら7割を超えて融資をしてくれることもあるでしょう。それなりに魅力的な物件でなければなりませんが、場合によっては100パーセントの融資を行ってくれることもあります。

 

立地が良くて土地が広いような物件なら融資の金額を大きくすることができる場合も多いでしょう。この金額については金融機関によって異なっていますから、色々な金融機関と交渉してみれば、より多くの融資を受けられる金融機関を見つけることもできるでしょう。

不動産を売却するに当たって、まず査定というものが必要になってきます。不動産の査定は無料でインターネットなどで情報を言って査定してもらう方法があります。また、訪問査定と電話といった方法もあります。

 

これらの違いは、考えてもらうと分かるかと思いますが、その精度です。よく、どちらのほうが高く査定してもらえますか、という質問がありますが、どちらともいえません。その理由は次の通りです。現地を見ることによって、その物件の良いところも悪いところも見えてしまいます。

 

その結果、机上の査定よりも高くなる場合もあれば安くなる場合もあるわけです。なので、不動産を高く査定して欲しいと思っていても、どちらの査定方法が高くつくかは一概には言えません。

 

ただ、物件を見ていない状態であまりやすい査定額を言ってしまうと、査定依頼をした人に敬遠されてしまう可能性があるので、取り合えず高めに言う人が多かったりすることも事実です。

 

ですので、そこまで考えれば机上の査定のほうが高い値段が付きやすい、ということも言えるでしょう。自分の所有している不動産に高い査定がついて、その値段で売りに出してもなかなか売れなかったので結局値引きすることになった、なんていう話もよくあります。

 

値引きしないで売れたらラッキーくらいに構えておかないと、売り逃しにつながる可能性があるので気をつけて下さい。いずれにせよ、きちんと知識のある人が査定しますので、そこは疑わないようにしましょう。

中古一戸建てを購入する際には「注文住宅」で建築された家なのか、あるいは「建売分譲住宅」で建築された家なのかを確認しましょう。注文住宅の多くは、家の「基礎」「土台」から綿密な設計がされて建てられている場合が多く、地盤も調査された上で、最適な地盤強化対策が施されているものです。しかし建売分譲住宅の場合には、分譲住宅地全体としての地盤調査はされていても、建売分譲住宅の価格を抑えるために様々なコストダウンが行われているものです。コストダウンの中には、地盤強化や基礎の簡素化などもあり得るのです。いずれも土地や建物を外から目で見ただけでは判断できないという共通点があります。

 

中古一戸建ての住宅を購入した場合には、「家屋調査」をすることをオススメします。家屋調査をすると、「地盤の強さ」「家の強さ」も分かります。建売分譲住宅の場合には、コストダウンのために地盤や基礎に最低限の補強しかしていない場合も想定されるのですが、たとえ注文住宅のほうが安全と言われていても、排水溝など水の「管」にトラブルが発生してしまったまま放置されていると、床下の土質が慢性的に湿地化している恐れがあります。雨が降って、雨どいからの流水が溜まってしまっても同様です。湿地化してしまっていたり、雨水が溜まりやすい環境であるのなら、思い切って土地そのものを改良します。家の床下部分に水たまりのような環境が発生してしまっていても、コンクリートを土の中に流しこみ乾燥させて強固なものへと改良することが可能です。

マンション投資と聞くと、なんだかかなり懐に余裕がある人がすること、という風に思われる方が多いのではないでしょうか。特に、ある程度毎月決まった収入を得て生活をしているサラリーマンの方の場合は、自分には関係ない話だと判断されるでしょう。

 

しかしながら、マンション投資はサラリーマンの方にとっては副収入になるばかりでなく、節税対策としてもとても有効的な投資方法なのです。

 

サラリーマンの方は、基本的には節税をすることがあまりできません。なぜかというと、通勤に必要な交通費やさまざまな諸経費をすべて会社が支払っているため、給与所得から経費を差し引くことができないからです。
加えて、住民税などは給与から差し引かれていることが多いため、直接税である消費税などを普段の生活で控えない限りは節税をすることが難しい状況になっているのです。

 

サラリーマンがマンション投資を行なって家賃収入を得る場合、確定申告を行なって税金を納めなければなりません。
しかし、マンション投資を行なっているサラリーマンは、減価償却費やローンの金利、諸経費(不動産を取得する際にかかる登記費用やローン費用等)や雑費(通信費や交通費等)といった実に多くの経費を計上することができます。

 

この経費の合計額が賃料収入よりも多くなり、赤字の不動産業を行っていることになれば、給与所得から不動産所得の赤字額を差し引いた所得がその年の年収となるため、確定申告によって納めた税金が国税還付金として戻ってくることになります。つまり大きな節税となるのです。

 

このように、マンション投資はサラリーマンにとって大きな節税となり得る投資法なのです。

賃貸、購入を問わずマンションを住まいに選ぶ人が増えています。購入の場合、一戸建てが無理な場合の「第二の選択肢」として選ぶケースもありますが、マンションにはマンションだけのメリットも少なくありません。

 

まずセキュリティー環境の充実。とくに新しいマンションの場合、オートロックや防犯カメラなど不審者の侵入を防ぐための設備が充実しています。一戸建てで同等の環境を確保しようと思えばかなりの費用が必要になります。それから設備の充実。これは専有スペース、共用スペース両面にわたっており、前者はロフトや床暖房など、後者はバリアフリー環境などが挙げられます。これも新しい物件であればあるほど充実している傾向が見られます。

 

眺望のよさも忘れてはならないメリットでしょう。高層マンションの人気が高まっているように、一戸建てでは得られない抜群の眺望、日当たり、そして採光もマンションならではの魅力です。

 

後は立地条件が挙げられるでしょうか。駅に近い立地に一戸建てを建てたり購入しようと思うとかなりハードルが高くなりますが、マンションなら手軽に物件を探すことができます。もちろん、立地条件がよければよいほど価格が高くなりますが、一戸建てほどのハードルの高さはありません。逆にさまざまな理由で価格が安く設定される「わけアリ物件」もあり、理由が気にならなければ格安の価格で購入、あるいは借りることができます。

 

こうしたメリットをうまく活かせば快適なマンション住まいを実現することができるでしょう。

住まいはやっぱり一戸建て、と思っている人も多いでしょう。家を買うならマンションよりも一戸建てにしたいと願っている人も。一戸建ては自分だけのマイホームというイメージが強いだけに満足感も非常に大きなものがあります。

 

では満足感以外に一戸建てにはどのようなメリットがあるのでしょうか。価格が高い、メンテナンスに手間と費用がかかるなどのデメリットもありますから、住まいとして暮らす以上総合的な判断が必要になります。

 

第一のメリットはプライバシーの維持でしょう。これは近所づきあいの面倒や近所トラブルの回避も関わってきます。集合住宅の場合、どうしても他の住民にプライバシーがもれてしまう面があります。ゴミや洗濯物も含め、一家のプライバシーを守った生活を送ることができます。また、これは遮音性の確保という面でも大きな意味を持ってきます。

 

もうひとつは自由度の高さ。これこそ最大のメリットと思っている人も多いのではないでしょうか。敷地内でガーデニングや物置の設置などができますし、リフォームも自由にできます。共用スペースがあるマンションの場合はこうはいかないでしょう。

 

他には土地を購入した場合、経年によっても一定の資産価値を確保できるメリットも挙げられるでしょう。

 

こういったメリットは価格の高さを補って余りあるものといえるでしょう。マイホームの購入は20年、30年という長い視野に立って考える必要があります。ハードルが高い印象もあるマイホームですが、家を購入する際にはやはり選択肢に加えておきたいところです。

住宅を所有した場合、毎年必ずかかる税金があります。住まいに関わる重要な知識です。税金は2種類、固定資産税と都市計画税。それぞれどのような税金で、どれぐらい支払わなければならないでしょうか。

 

まず固定資産税。これは住宅を所有している人が毎年必ず支払わなければならない税金です。ポイントは当該年の1月1日に所有している(あるいはしていた)人が1年間分の税金を支払うこと。ですから住まいを売買する際にはこの点について明確にしておく必要があります。

 

固定資産税の金額は以下の式によって求められます。

 

固定資産税評価額×1.4%

 

この固定資産税評価額とは「固定資産課税台帳」に登録されたもので、3年ごとに査定が行われています。なお、一定の条件を満たすことによって軽減措置が適用される場合もあります。

 

都市計画税は都市計画事業や土地の区画整理事業の資金として徴収される税です。道路や公園など生活環境に関わる施設・設備を作る際に使われます。都市計画の対象区域内にある家屋・土地すべてが課税対象となります。この都市計画税においても固定資産税評価額が基準となっており、その税額を掛けた金額が課税されます。なお、税率は各市町村によって異なっているため、あらかじめ把握しておくことも必要です。

 

税率はたいしたことはありませんが、もとの資産価値が大きいだけに馬鹿にならない金額が毎年発生することになります。住宅の購入時にかかる諸費用として、そして住まいを維持するのに必要な経費としてこの2つの税金についてしっきりと把握しておくようにしましょう。

中古の住まいのメリットはなんといっても価格の安さにあります。それだけにマイホームを購入する際には必ず選択肢に加わるもの。ですが購入の際には価格だけに惑わされず、住まいとしての魅力を総合的に判断して決める必要があります。では中古物件のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

価格以外のメリットでは資産価値の下落幅が少ない点がまず挙げられます。中古の場合、すでに資産価値が固まった段階で購入することになるため、新築に比べて値下がり幅が少なく済むのです。それからすでに建てられ、他の人が住んだことがある物件ですから、住みやすさなどの評価を事前にチェックできる点も挙げられます。実際に物件を確認したうえで購入の判断ができます。新たに建てられる新築の場合、設計図と実際のイメージに落差が生じる場合もあるのです。

 

一方デメリットとしては建物の劣化があります。とくに10年以上の経年を経た建物の場合、老朽化の問題が付きまといます。価格の安さと関わってくる問題ですが、老朽化が問題で修繕などの余計な費用がかかってしまう場合もあります。逆に、新築ではなく中古を選んだことで「浮かせた」お金であらかじめリフォームやリノベーションを行う選択肢もあります。この辺は事前の確認と資金計画をよく練った上で判断することが求められるでしょう。

 

こうしたメリット・デメリットをしっかりと踏まえておけば新築か中古かの最終的な判断にも役立つことでしょう。